パンプスが臭い!パンプスが臭う原因と消す方法・対策方法

パンプスが臭くなると嫌ですよね…。

 

女性にとってパンプスは、脚がきれいに見えるなどメリットがたくさんありますが、困るのはその臭いです。
特にパンプスの場合、吸湿性のないストッキングで履くことがほとんどということもあり、脱いだ途端に臭いが鼻についてきた、などという経験のある女性は多いのではないでしょうか。
また、ヒールの高いパンプスだと、バランスをとるために足が緊張し、余計に汗をかいて臭くなるということもあります。

 

当ページではパンプスが臭う原因とその対策方法をまとめましたので、ぜひご参考にして下さい。


パンプスが臭くなる原因

体の中でも臭くなりやすいのは足といえます。
何故なら、他の部分よりも汗をかく量が多いからです。その多さはかなりのもので、他の部分より3〜10倍多いともいわれているほどです。
足に限らず、体が臭くなる原因は、汗に雑菌が混じって臭い物質が発生することによります。

 

そして、雑菌は適度な温かさと湿気が大好きなので、パンプスを履いて密閉状態にある足は、まさに雑菌にとってはうってつけの環境にあるわけです。
パンプスを履いている時間が長いほど、雑菌は活発に繁殖を続けるのです。

 

しかし、足の臭いは、ひどくなればパンプスに移ってしまい、なかなか取れなくなってしまうので注意が必要です。
といっても、パンプスの臭いは、取れなくなる前にしっかりとケアすることが大切です。

 

 

パンプスの臭いを取る方法

【パンプスの臭いを取る方法その1】洗う

パンプスというと、水洗いなどはできないイメージがあるのではないでしょうか。
さすがにスニーカーのようにじゃぶじゃぶと水洗いすることはできませんが、実はパンプスでも丸洗いすることは可能です。

 

それも、本革でも合成皮革でも洗うことができるのです。
ただし、本革のパンプスを洗うには、専用のソープやクリーナーを用意しましょう。

 

 

合成皮革であれば、家庭にあるような普通の固形石鹸で構いません。

 

本革の方が通気性が良く臭いが気にならないということもありますが、気兼ねなく洗える合成皮革の方がかえって清潔感を保てるということもあります。

 

いずれにしても、パンプスを洗うには、まずは、たらいなどに溜めた水に全体を浸けてしまいます。
その後、固形石鹸や専用クリーナーなどをスポンジに付け、よく泡立ててからパンプスをすみずみまでしっかり洗います。

 

もちろん、臭いが付きやすい内側も丁寧にスポンジで洗っていきます。

 

一通り洗ったら、水に潜らせて泡をキレイに落としましょう。
たらいの水をかえて丁寧にすすいだら、タオルで水気をしっかり拭き取って、型崩れ防止のために中に新聞紙などを丸めたものを詰めます。

 

そして、風通しの良い日陰で十分に乾燥させていきましょう。この時、直射日光を当てると革が硬くなるので注意が必要です。
最後に、クリームをまんべんなく塗れば終了です。ただし、革パンプスの場合は、完全に乾く一歩手前で塗るようにします。

 

パンプスもこのように丸洗いできるわけですが、乾かすのにはかなりの時間を要するので、次の日に履けないこともあります。
そのため、2〜3足用意してローテーションで履くようにすると良いでしょう。

 

汚れも臭いもひどくなる前に洗っておけば、臭いも染み込まずパンプスも長持ちします。
また、一緒にインソールも洗うようにします。インソールなどは安いもので良いので数枚用意し、毎日こまめに取り換えるようにしたいものです。

 

お気に入りを洗うなら

しかし、奮発して買ったような革のパンプスであれば、どうしても丸洗いする勇気が出ないということもあるでしょう。
そんな時には、内側だけ拭き掃除をしてあげます。

 

中性洗剤と酸素系漂白剤を溶かしたお湯を柔らかい布に含ませ、固く絞ってから丁寧に拭き取るようにします。
その後、1時間ほど放置し、今度はきれいな水を含ませた布で再び丁寧に拭き取ります。
そして、しっかりと乾かせば完了です。

 

それでも落ちない臭いがあれば、酸素系漂白剤の原液を含ませた布で拭き取ってみましょう。
後は、1時間放置してから、きれいな水を含ませたもので拭き取ってしっかり乾かせば、かなり臭いは減っているはずです。

 

【パンプスの臭いを取る方法その2】重曹を使う

パンプスの臭いは、重曹を使うと効果的に消すことができます。
テレビやネットでも話題になっていますが、重曹は、パンプスの臭い消し以外にも、洗濯や掃除など、多方面で使用できる上、値段も安いという優れものです。

 

 

重曹は、洗濯や掃除以外に、材料を膨らませる発砲作用があることから、お菓子作りで使うベーキングパウダーにも含まれています。
しかし、その安全性の高さは、私たちの唾液にも含まれていると聞けばよくわかるのではないでしょうか。
重曹には虫歯になるのを防いでくれる効果もあり、Ph8.3という弱アルカリ性で、正式な名称は炭酸水素ナトリウムNaHCo3(重炭酸曹達)といいます。
この弱アルカリ性という性質が、パンプスの臭い消しに役立ちます。

 

臭いを消すには中和させる必要があるのですが、それには、逆側の性質を持ったものを使用するのが効果的です。
パンプスの臭いというのは、足の汗と雑菌が混ざったもので、酸性を示しているので、これを消すのに弱アルカリ性の重曹は最適だといえるのです。

 

さらに、重曹は水分を吸収する性質を持つので、1日中履いて蒸れたバンプスの湿気を吸収し、その時に臭いも一緒に吸い取ってくれるという嬉しい効果があります。

 

重曹を使った色々な消臭方法
水に溶かしてスプレーにする

パンプスの臭いを重曹で取るなら、スプレーを作ってシュッシュするのがおすすめです。
用意するものは、1リットルの水と大さじ2の重曹です。この2つをスプレーボトルに入れてよく混ぜれば出来上がりです。

 

パンプスの内側にシュッシュしましょう。
また、ルームスプレーとしても使えるので、多めに作っておいて、洗濯が面倒なソファーカバーやカーテンにシュッシュするのも効果的です。

 

ビニール袋にパンプスと重曹を入れてしばらく置く

重曹は靴の臭いを取るのに最適な性質があるので、ただ振りかけるだけでも効果があります。

 

もっとも手軽なのは、ビニール袋を使った方法です。
パンプスを入れたら、上から重曹を振りかけるだけでOKという手軽さです。しばらくおいたら、白い粉をキレイに拭き取れば臭いは和らいでいるはずです。

 

とはいえ、振りかけるだけでは、頑固に染みついた臭いまでもを取るのは難しいといえます。
さすがに合皮靴であるパンプスは無理なのですが、もっとも効果的に臭いを取るには、浸け置きをしてから擦り洗いする方法が良いでしょう。

 

浸け置きのできないパンプスの場合、まずは、前述したビニール袋に入れて重曹を振りかける方法を試してみましょう。

 

お茶パックなどに入れて、シューキーパーにする

あとは、毎日重曹シューキーパーを使うことです。
重曹シューキーパーは、お茶パックなどに重曹を入れて投入するだけでOKなので簡単にできます。
古くなった靴下に投入するのも良い方法です。

 

 

毎日帰宅後にこのシューキーパーを入れるだけで、臭いが染みついてしまうのを防ぐことができます。
また、パンプスなどは水洗いができないため、放っておくとカビが生えてしまうことがありますが、重曹シューキーパーを入れておくことでカビをも予防することができます。

 

重曹シューキーパーは天日干しをすれば繰り返し使え、3か月くらいしたら掃除でなど使ってしまえば無駄がありません。
重曹には優れた研磨作用もあり、尚且つ粒子が非常に細かいことから擦っても傷をつけません。
そこで、お鍋の蓋などを磨くのに使えば、ピカピカにすることができます。お鍋の蓋に重曹をふりかけたら、水で濡らして固く絞ったタオルで擦りましょう。
力を入れなくとも、往復するだけでくすんだ汚れが落ちていくはずです。

 

重曹シューキーパーは臭いケアにおすすめなのですが、残念ながら雨の日には使用できません。
何故なら、湿気があまりにも多いと重曹が溶けてしまい効果を得るどころではなくなってしまうからです。

 

そのため、雨の日に履いたパンプスは、新聞紙などを入れてしっかり湿気を取ることが先決です。
また、前述のように、パンプスの臭いは、足の汗と雑菌が混ざったものです。

 

そして、雑菌が繁殖するのは、パンプスの中が蒸れて湿度が高くなっているからです。
つまり、雨の日に履いたパンプスは、できるだけ早く湿気を取っておかなければ臭いはひどくなる一方ということになります。

 

ただし、新聞紙の入れっぱなしは禁物です。しばらくしたら取り出し、風通しをよくしてあげましょう。
明日も履きたいという時には、扇風機を当てたり、遠くからドライヤーの風を当てるのも効果的です。

 

【パンプスの臭いを取る方法その3】消臭スプレーを使う

パンプスの中は、1日中履いていれば湿度はかなりのものとなるため、汗をたくさんかいて雑菌が繁殖し、それが嫌な臭いのもととなってしまいます。

 

パンプス内の湿度を下げるには、こまめに脱いだり、下敷きインソールを使うなどさまざまな方法がありますが、もっとも効果的なのは専用の消臭スプレーを使った方法です。

 

本当に耐えられないパンプスの臭いには、超強力スプレー「ヌーラ」がおすすめです。

 

消臭スプレーというと、重曹を使って作るお手製スプレーもありますが、そんなことは面倒という人なら、是非、ヌーラを購入しましょう。重曹スプレーとは比べ物にならないほど強力に臭いを消してくれるはずです。運動靴なども、水洗いする必要がないほどの高い効果に驚くに違いありません。

 

ヌーラの使い方は簡単!

 

ヌーラは、パンプスにまんべんなくシュシュッと吹きかけて乾燥させればOKです。
また、他の消臭スプレーが、臭いが気になった後でシュッシュするのに対し、ヌーラは気になる前にあらかじめスプレーしておくと効果がアップします。

 

消臭成分がパンプスに付着すると、嫌な臭いの原因物質とイオン化結合し、同時に、臭いの原因物質を分解してしまうので、あっという間に無臭化させることができます。
一般的な消臭スプレーといえば、臭いを閉じ込めたり、香りでごまかしたりするものが大半です。
しかし、ヌーラは臭いの原因物質そのものを分解することができるので、非常に高い消臭効果があるわけです。

 

※ヌーラを買うと、中に「消臭実験セット」が入っています。
実際に試してみると、アンモニアの臭いが3〜5分で消えるので本当に驚きます。

 

かけすぎると薬品のような臭いがすることがありますが、これは、ヌーラの主成分が、精製水の他、液状イオン交換体(ブドウ糖由来天然成分)やエタノールだからです。

 

エタノール自体は乾燥してしまえば臭いを発することはありませんし、ヌーラは基本的に無臭なので、臭いでごまかすということがなく安心です。

 

それどころか、消臭成分はパンプスにしっかり染み込むので、長ければ2〜3日は臭い成分を分解し続けてくれます。
定期的にヌーラを使っていれば、ここぞという時にパンプスを脱いでも嫌な臭いを発散させることは激減するでしょう。ヌーラは、一般的な靴の消臭剤よりもはるかに優れた効果を持っているのです。

 

お出かけバックにはヌーラを

ヌーラは、お出かけバックに忍ばせておくのがおすすめです。
臭いというものは、自分では気づかないことがあっても、意外と他人の臭いには敏感なものです。

 

長時間パンプスを履き続けた後に、ふいに座敷に上がらなくてはならない時があるかもしれません。
そんな時、ヌーラがあれば大変心強く思えるのではないでしょうか。即効性もあるので、隙を見てシュッとひと吹きすれば一瞬で臭いは気にならなくなります。

 

ヌーラはパンプスの臭い以外にも効果あり!

しかも、ヌーラは、パンプスをはじめとした靴の臭い以外にも、気になるワキガなどに高い効果を発揮します。
ワキガは、深刻なものとなるとかなり強烈な臭いを発散してしまうものです。

 

特に、衣類に染み込んだ臭いはいくら洗濯しようと取れてはくれないものでしょう。
また、根本的な解決といっても、手術するとなるとかなりの心構えが必要なのではないでしょうか。
そんな深刻なワキガの場合でも、ヌーラさえあれば、定期的に臭いが気になる部分にシュシュッとしておけば、衣類からの臭いを防ぐことができます。

 

また、衣類の臭いが気になる時には、パンプス同様に、着用する前にヌーラをまんべんなくシュッシュしておくのがおすすめです。
体が臭いを発する前にスプレーしておくことで衣類をコーティングできるので、臭いが染みつくのを防ぐことができるのです。

 

もちろん、ワキガできない人でも、洋服に着いた汗の臭いにも効果があるので、真夏のお出かけにヌーラは欠かせない存在となるでしょう。
他にも、ヌーラは加齢臭にも効果があります。クリーニングに出してもなんとなく漂ってくる加齢臭には、ヌーラをシュッとひと吹きしましょう。

 

ヌーラは、1本に210ml入って通常価格が1,944円なので、一般的な消臭スプレーよりも若干高いといって良さそうです。

 

この1本で650回程度スプレー可能なので、パンプスなら片方に4プッシュするとして、だいたい80足分使えることになります。
また、シャツであれば60〜80枚分、コートなら約80枚分というのが使用の目安となります。

 

やや高めな料金設定といえるヌーラは、買うのに躊躇してしまう人も少なくないでしょう。
思い切って買ったところで、もしも自分の臭いには効果がなかったら、と思えば買うのを止めてしまうのも無理はありません。

 

でも、ヌーラには返金保証制度があるので、効果に満足できなかった場合には全額返金してもらえます。
ただし、初めての方限定で、商品到着後7日以内に電話で連絡することが必須です。届いたらすぐに使って、その効果を試してみましょう。

 

ヌーラが買えるのはこちら

 

 

パンプスの臭いの対策方法

【パンプスの臭い対策その1】5本指フットカバー、5本指ストッキング、インソールを使う

パンプスが臭くなるのを防ぐには、足から出た汗がパンプスに移動する前に吸い取ってしまうのが効果的です。

 

パンプスといえばストッキングが定番なわけですが、ストッキングは化学繊維でできているので、残念ながら吸湿性はほとんど期待できません。

 

そのため、他の靴に比べればパンプスはより臭くなりやすいといえるのです。
吸湿性が良いといえばコットンソックスなどですが、残念ながらフォーマルなシーンではパンプスにコットンソックスは履けません。

 

そんなパンプススタイルには、ストッキングの中にベージュの5本指フットカバーを履くのがおすすめです。

 

 

 

5本指フットカバーは、指先まで覆われているタイプや指先がカットされているタイプなどいろいろあります。
指先まで覆われているフットカバーだと、パンプスがきつくなってしまうので、パンプスのサイズにも注意が必要です。

 

また、パンプスからカバーが見えるとおかしいので、パンプスの甲を覆う部分の大きさによって選んでみると良いのではないでしょうか。
カラーは目立たないベージュなどが良いでしょう。といっても、靴を履き替える時にパンプスを脱げば人目を引いてしまうのはやむを得ません。

 

もしもフットカバーをしていることがバレるのが気になる、という人は、5本指ストッキングもおすすめです。多少ではありますが、臭いは少なくなるはずです。

 

 

化学繊維という性質上、吸湿性は期待できないものの、汗の溜まりやすい指と指との間にストッキング生地が2枚入るわけですから、多少は汗対策になるでしょう。

 

そして、日中はずっとストッキングを履いているという場合は、途中で履き替えるのもおすすめです。
その際には、サラサラパウダーシートなどで足のすみずみまでしっかり汗を拭きとってしまいましょう。

 

もしも履き替え用ストッキングを忘れた時には、ストッキングの上からパウダーシートで拭き取るだけでもスッキリして臭いも軽減されるはずです。
また、ストッキングにも消臭タイプがあるので、購入する時にはそういったタイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

 

他にも、パンプスにインソールを敷いて汗を吸い取るという方法もおすすめです。

 

 

インソールは吸湿性の良いタイプを選び、できれば少しだけ大き目にカットしておきましょう。
少しでも足をカバーする面積が広い方が、汗がパンプスに移ってしまうのを防げます。

 

また、消臭作用のあるインソールなら効果はさらにアップするはずです。
備長竹炭や茶カテキンなどが配合されるなど、さまざまなインソールが販売されているので試してみるのも一つの方法です。

 

【パンプスの臭い対策その2】消臭効果のある石鹸を使う

臭いが発生するメカニズムがわかると対策は自然とわかってくるものです。

 

雑菌と汗をできるだけ減らし、パンプスの中の気温が上がらないようにすれば、臭いを少なくすることができるのです。

 

雑菌を減らすには、丁寧に足を洗うことは基本となります。
しかし、さらに効果を高めたいなら、消臭効果のある石鹸を使うのがおすすめです。

 

例えば、「アニセ薬用石鹸」には、高い消臭効果が期待できる成分がぎっしりと配合されています。

 

植物界でポリフェノールの王様と称される柿渋エキスやミョウバン、薬用炭、ベンナイトなど、いずれも不快な臭いにアプローチする成分がバランスよく配合されています。

 

また、アニセ薬用石鹸は医薬部外品なので、手洗い殺菌剤にも含まれている有効成分、イソプロピルメチルフェノールも配合されています。

 

【パンプスの臭い対策その3】汗を抑える

臭い対策の2つ目は、汗を抑えることです。

 

ワキ汗を抑えるのに制汗スプレーを使うのと同じで、パンプスを履く前に汗止めグッズを使えば良いのです。
おすすめなのは、消臭作用も期待できる制汗クリーム「クリアネオ」です。

 

クリアネオは、自然由来の成分主体で無添加なので、肌にやさしく汗と臭いを防いでくれます。

 

気になる足の臭いも解消できるに違いありません。